失敗しない車選びのポイント

社会人になってはじめての車選びに迷ったら読むサイトです!

中古車という選択

a1180_000143

社会人になって新生活と共に車が必要になることもあると思います。

実際にどんな車がいいのか、調べれば調べるほど悩んでしまうかもしれません。

特に、新車がいいのか中古車がいいのかという点についてはそれぞれの考え方や使い方によって変わってくるものです。
このページでは新車と中古車のメリットやディメリットを紹介しながら初心者にベストな選択について考えていきたいと思います。

・新車のメリットとディメリット

まずは新車のメリットから。
やっぱり工業製品である以上、新しい方が当然信頼性は高くなります。
万が一、故障したとしても保証期間内であれば費用負担はありません。

故障の煩わしさは経験した人でないと分からないかもしれませんが、
移動に使っている車の故障は本当に厄介です。

新車の場合、自動車メーカーのディラーの保証を受けられるので、万が一のときも安心できると思います。

また任意保険では新車特約が付けられたりもします。
あとはなんといっても新車で乗れる優越感です。

ディメリットは価格です。人気車種ならまだしも、人気があまりないと買ってすぐの査定でもビックリするくらい安くなります。

・中古車のメリットとディメリット

中古車の最大のメリットは価格です。
とにかく新車と比較すれば安いことです。

同じ金額なら中古車のほうがグレードを高くできます。
また以前に欲しかった車が買えるなど、選択肢がかなり増えることになります。

自分にピッタリの車に出会える確率が上がるということです。

さらに結婚や出産などライフスタイルの変化に合わせて買い替えが比較的簡単にできます。

逆にディメリットは中古の宿命かもしれませんが、前オーナーの使用状態がわからないので故障の心配がつきまとうということです。
また購入後に発生した修理などは基本的に自己負担になってしまうということです。

お店によっては保証期間があることもありますが短い傾向にあります。

・まとめ

ということは社会人になりたての人の場合、どちらがいいのでしょうか。
判断基準は人それぞれだとは思いますが、管理人の個人的な意見となりますが・・・

資金的なことや利用目的の変化などを考えると中古車のメリットを享受したほうかいいのではないかと思います。
免許取り立てだと車をぶつけてしまたりするリスクもありますからね。

基本的な中古車のチェック項目

中古車を選ぶときの基本的なチェック項目を紹介したいと思います。

中古車は安く買えることが魅力でもありますが、1台1台コンディションも違ってきます。
しっかりチェックして楽しいカーライフをエンジョイしましょう!

・まずはプライスボードをチェック
中古車には必ずプライスボードがそれに準じるものが掲示されていると思います。
そこには、価格や年式、車検期限、走行距離など車の基本的な事項が記載されているはずです。

ここをしっかりチェックすることから始めましょう。
特に価格については、諸費用が込みなのか別なのかしっかり確認するようにしましょう!
業者によっては曖昧に表現していることもあります。

・コンディションノートを確認
車の修復履歴が記載されているコンディションノートがあるショップで購入するようにしましょう。
車両の状態を把握できるコンディションノートの提示がない業者は信頼できないと言えます。

・外観のチェック
車の正面、後ろ、側面などキズはないか、歪はないかしっかりチェックします。
特にドアやボンネットのチリがあっていないなど歪が疑われるものは要注意です。

・内装のチェック
シートのヘタリやドアの付けの部分に劣化はみられないかよく確認します。
特にドアのヒンジの部分は交換したあとがあるとかなり大きな事故を起こした確率が高いと言えます。

・ボンネットやトランク
開閉部の大きいボンネットやトランクはしっかりチェックします。
しっかり整備された車のボンネットのなかは結構キレイです。
土埃まみれになっていたりオイルが漏れていたりすると整備はされていないかもしれません。

・実際に乗ってみる
はじめての車だとあまり感じ取れないかもしれませんが、異音や乗り心ごごちは重要です。
特にエンジンからの異音は後々、高額な出費につながりかねません。

運転が苦手かもしれないと思っている人へ

免許を取りたての人のなかには運転が苦手だと思っている人もいるかもしれませんね。

車をぶつけると確実に凹みます。
でもぶつけながら上手になっていくのも確かです。

なので、

できれば中古車で小回りのきく小型車や軽自動車がいいと思います。

車は購入したらそれで終わりではなくて税金や保険などの維持費がかかってきます。

だからといってはじめての車選びで値段だけで選ぶのはちょっとリスクが大きいと感じています。

できればディーラー系の販売店で保証がばっちりついたような車だと安心して乗れると思います。

気になっている車や候補を絞ったらレンタカーを探して乗ってみるといいです。
色んなサイズの車にも乗ってみることをおすすめします。

案外、上手く乗れて車選びの範囲が広がるかもしれませんよ。

独身の車選びならコレだ!

独身のしかも男性の場合の車選び・・・難しいです(笑)

自分の好きな車を思う存分楽しみたい・・・
それとも女の子ウケとか重要視しちゃいますでしょうか・・・。

インターネットなどで女性の意見を覗いてみると大体似たようなことを思っているようです。
ちょっと、ここで紹介しますと・・・

・無理をしている感じがしない
・清潔感がある
・恥ずかしくない

なんだか車についてというより男選びのような感じがしますが(笑)

ある程度のこだわりはあってもいいようですが、
車に人生かけてます的な男性はどうやら女性ウケはよくないようです。

あくまでもスマートにといったところでしょうか。

あえて言うならSUVはやっぱり人気はあります。
アウトドア派にも支持されますからオールラウンドです。

でも。

最近では車もダウンサイジングが進んでいるので小型車や軽自動車でも嫌がる女性は減っています。

とすると・・・やっぱり身の丈にあった車選びがいいようです。

 

年収300万円の車選び

車の購入には自分の年収との関係を無視できません。
社会人に成り立てなら年収300万円に届かないかもしれません。

職種や業種によっても違いはあると思いますが、
300万円未満の場合、どのくらいの金額の車がターゲットになるんでしょうか?
もしオートローンを組んだとしたら毎月どの位までなら返済可能なんですしょうか?

この辺りのことを詳しく紹介してみたいと思います。

まず、車を持つときの年収との関係ですが、
マックスで年収の半分くらいを目安にするといいようです。

年収300万円なら150万円がマックスということになります。

これをフルローンで組むと毎月の返済は3万円近くになります。
さらにガソリン代や税金、保険代などを考えるとトータルで5万円は超えると思います。

生活の仕方にもよりますが、決して余裕はない状態だと思います。

もしケガや病気などで入院したりしたら・・・ちょっと怖い状態ですね。

できるならなるべくローンは減らして頭金が貯まってから購入するか、
もっと車両価格を下げることを検討してみてもいいと思います。

トータルで考えると、やっぱり中古車を中心に検討したほうが良さそうです。
新車はもう少し余裕がでてから考えた方がいいかもしれないですね。