とうとうスバルの新型車「レヴォーグ」が発売になりました。

この車は北米用としてサイズアップしているレガシィに代わって、日本用ジャストサイズとして作られ国内のみで販売される車なんです。

レガシィは今秋にフルモデルチェンジが予定されていますがセダンとアウトバックの二種類でツーリングワゴンと言うカテゴリーはなくなるんですよね。そしてかなりのサイズアップになるそうで、トヨタクラウンより大きくなるとか・・・。

その代わりになるのがレヴォーグで、25年目のフルモデルチェンジとしてスバルが力を入れている車です。

25年間のレガシィの技術に新たな技術を注ぎ込んで開発された車だそうで、私が今乗っているレガシィと車幅は一緒で全長が10cm程短くなって車高が4~5cm低くなりました

一世代前のレガシィのサイズです。

レガシィを乗り継いで来ただけに、無くなってしまう事に少し寂しい気持ちもあるものの、スバルの新型車への期待もあり複雑な心境です。

父が乗っていたスバル車レオーネを運転していた頃は、何この車、スバルは地味だ、ダサイ、カッコ悪い、え~スバル~、なんて言われていましたし、街でスバル車を見かけることが皆無でした。

そんなスバルはレガシィ発売から今日まで売り上げナンバー1にまで上り詰めたのですから凄いことですよね。

先日スバルディーラーに行って新型車のレヴォーグに試乗して来ました。

通常タイプとスポーツタイプの二車種に乗ってみたのですが、路肩を越えて車道に出た瞬間にこの車の凄さを感じました。

「あれ、この車はBMWですか?」なんて営業さんに問い掛けた程の進化を感じました。

エンジン、サスペンション、ミッション、ボディ剛性、全てがヨーロッパ車の様でした。営業の方も同じ意見でかなり出来上がった車ですと言う程素晴らしかったのです!

レガシーに魅了されてからレガシー一筋できましたが、レヴォーグに乗換える日が来てしまったのかもしれません。